記事一覧
海外ニュース, 記事翻訳, 動画字幕化
グローバリズム・メディア

米・ロシア核戦争への道 InfoWars, Dr.Paul Craig Roberts 2016.07.28

最終更新日:2018.03.27


リンク:記事一覧

🔲ビデオ


▼動画タイトル、YouTubeへのリンク
アレックス・ジョーンズ 2016.07 [日本語字幕] 主流メディアが報道しない米・ロシア核戦争
Youtube=>https://youtu.be/QPC1MlEnbpQ

[ソース] つぎの動画を翻訳、日本語字幕を追加
Biggest News Story Of The Year! And you've never heard about it. Until Now.
https://www.youtube.com/watch?v=5BVSAEJbF00
The Alex Jones Channel
2016/07/28 に公開

🔲問題の発端
ポーランドに弾道ミサイル迎撃システムを配備[1],[2],[3]
2016月3月13日に起工式が行われた。システム配備が完了するのは2018年。
但し、最新情報では配備は2020になる予定[4]
なおポーランドの先行して、ルーマニア デベセル(米空軍基地)には2015年に配備済み。

ミサイル基地起工式 レジコボ ポーランド(Redzikowo Poland)

米国は2002年にABM条約(弾道弾迎撃ミサイル制限条約)から脱退したとは言え、 これが単なる迎撃ミサイルならば、ロシアもそれほど大きな抗議をするとも思えない。
ビデオの中で語られるが、このシステムは一晩で核弾道攻撃ミサイルに換装することができるものらしい。 しかも発射から5分で着弾というから、ロシアもたまったものではない。 実際、Google Mapで距離を測るとモスクワまで約1,300kmなので、5分かそこらで着弾する。

[地図]
・レジコボ・ミサイル基地, ポーランド -> モスクワ 1,300km


・デベセル・ミサイル基地, ルーマニア -> モスクワ 1,000km


起工式で米国の外務大臣が、「決して、決して、ロシアをターゲットにしたものではありません。 イランや北朝鮮の核ミサイルからNATO諸国を守るのが目的です」と力を込めて演説している。 しかし、「何でイランや北朝鮮がルーマニアやポーランドに核ミサイルを発射するの? 何か恨みを買うことでもしたのか?」 と誰もが聞きたくなるに違いありません。

問題は、ビデオで言われていわれているように、大手メディアがほとんど報道しないことにある。 このため、米国民は詳しいことは知らないし、知っていてもNATOがミサイル防御(NATO missile defense)システムを配備した、という程度である。 したがってプーチンが言うような「核戦争の危機」とはならない。 米国の独立系メディアInfoWarsがこの問題を取り上げ、Dr. Paul Craig Roberts氏が解説を加えている。

[参考] ルーマニアのミサイル防御システム
デベセル(Deveselu)米軍基地, ルーマニア



[関連記事]
[1] NATO Takes Over U.S.-Built Missile Shield(2016.07.08)
[2] Work Joins Groundbreaking for Ballistic Missile Defense Site in Poland(2016.03.13)
[3] Ludicrous to believe NATO missile defense in Eastern Europe not targeting Russia(2016.05.15)
[4] NATO missile shield site in Poland delayed until 2020(2018.03.22)


🔲ビデオ概要戻る=>page top

▼プーチン
・ポーランドに弾道ミサイル迎撃システムを配備する計画について、プーチンは米国民に向かって問いかける。


・プーチンは、米国民は重要なことを知らされていないのではないか?と言っている。


▼InfoWarsホスト
・今年最大のニュースを、主要メディアが完全に無視しているかあるいは隠蔽していると言ったらどうですか? と語りかける。 ロシア大統領ウラジミール・プーチンがロシアと合衆国およびNATO同盟国の間で戦争は避けられないと 信じていることを聞いたら、普通の人はショックを受けるに違いありません。

・迎撃ミサイル配備は、ロシアと合衆国の間の中距離核戦力全廃条約INFの直接的違反です。 素早く別の目的で使用するか、短距離・中距離ミサイルを発射できる施設に転換できるからです。 プーチン大統領は、世界が核戦争につながりかねないコースに向かっていることは、疑いの余地がないと言った。


▼Dr. Paul Craig Roberts
・西側にはメディアがありません。6社のキーステーションがメディアの90%を占めています。 ワシントンや企業からのプロパガンダを得られるだけです、と語る。

・プーチンが言っていたのは、ロシアに対するプロパガンダと非難を繰り返すことでした。
ポーランドとルーマニアのミサイルは弾道弾迎撃ミサイルとして配備することは条約違反ではありません。 しかしそれらは容易に戦略核攻撃の道具に代えることができます。
5分以内にロシアのすべての目標に命中させられるから、ロシアの恐怖をかき立てます。


・メディアのプロパガンダのせいで、イランが今すぐにでも核ミサイルで我々を攻撃すると誰もが信じています。 それがロシアを迎撃ミサイルシステムで包囲する理由です。 彼らは、それはイランのせいだ、それはロシアのせいだ、それはイランとプーチンが降参しないからだ、と言い続けています。

・ロシアは外交に頼り続けようとしています。しかし、人々が真実を気にしなければ外交は無力です。 プーチンとラヴロフが最終的には外交をあきらめ、それは行き止まりと悟ります。 そこには何も残っていませんが、力に対抗する力はあります。


▼Albert Einsteinの言葉