記事一覧
海外ニュース, 記事翻訳, 動画字幕化
グローバリズム・メディア

チャーチルは1940年、第二次世界大戦にアメリカを引き入れるために「内部犯行」を実行した 2017.07.23

最終更新日:2018.03.22


リンク:記事一覧


[元記事]
Daily Beast: Winston Churchill did “an inside job” to get America into World War II
By Jonas E. Alexis – July 23, 2017, Veterans Today
URL:https://www.veteranstoday.com/2017/07/23/daily-beast-winston-churchill-did-an-inside-job-to-get-america-into-world-war-ii-2//

[著者]
Jonas E. Alexis
数学と哲学の学位を持っています。彼の主な関心事は、米国の外交政策、イスラエル/パレスチナの紛争の歴史、 思想の歴史などです。




シオニスト・メディアやその他の報道機関は、第二次世界大戦についての実際の歴史的記事に ゆっくりではあるが確実に不正を見破りつつあります。特にデイリー・ビーストは、 最近次のように報告しました。ウィンストン・チャーチルがアメリカを第二次世界大戦に引きずり込むために、 内部犯行を実行したと。私たちは何年間もこれを言ってきました。

チャーチルは大多数のアメリカ人が、米国にドイツとの血まみれの戦争に突入したくないことを知っていました。 それゆえ彼は、大衆をそそのかすためにあらゆる種類の捏造を立案し、数多くの秘密作戦を行いました。

その1つの作戦は、1940年の7月にニューヨークで開催された英国展示館の爆破でした。 これは2人の警官の命を奪いました。ニューヨーク市警察のバーナード・ウォーレン(Bernard Whalen)警察官は、 後に断言しました。「当時は大規模な調査がありました。FBIが関わりました。 内部の犯行であるとの結論を引き出すことができたでしよう。」

驚いてはいけません。チャーチルは第一次世界大戦が始まるずっと前から、権力とお金におぼれていました。 過去に議論してきたように、チャーチルは何百万人ものドイツ人とインド人の死に最終的な責任がありました。 チャーチルはお金のために何でもする人でした。ユダヤ人財閥は彼に権力を与えたので、 彼らのために殺さなければなりませんでした。 彼はヒトラーから彼ら(ユダヤ人財閥)を救わなければならなりませんでした。 そして、彼が使命を果たすことを止めるものは何もありませんでした。何も。

あなたがこの声明を疑うのなら、チャーチル自身から聞いてください。 第一次世界大戦中に何千人もの人々が民間人が殺されていた時、チャーチルは、次のように言いました。
「この戦争は絶えず何千人もの人々の命を奪っている知っているが、私は助けることができない。 私が生きている瞬間が好きだ。」
I know this war is smashing and shattering the lives of thousands every moment—and yet—I cannot help it—I love every second I live.

もしチャーチルが第一次世界大戦中に何百万人もの市民の命を気にかけなかったのであれば、 アメリカを第二次世界大戦に引き込むためにニューヨークで2人を殺すことは簡単なことでした。 「あるとき、ニューヨーク警察は多くのことを疑っていました。」Daily Beastニュースは言う。 「しかし、事件の底まで調査するのは止められました。」「歴史は繰り返されます。 9/11攻撃後も同じことを目撃しませんでしたか?。Daily Beastニュース:

1939年の春と夏から1940年にかけて、合計で4400万人が一度に、全国の人口がわずか120,000,000人の時代に、 クイーンズのフラッシング・メドウズのニューヨーク世界博覧会を訪れました。

建設に3年間かかり、1,216エーカーに広がっていました。以前は野外ゴミ捨て場でした 。 スコット・フィッツジェラルドのグレイト・ギャツビーのゴミの山です。 これまでの最大の展覧会で、1億6000万ドルの費用がかかりました(今日の23億ドルに相当)。 特別に建設された高架の地下鉄路線、その他の新しいインフラストラクチャ、大恐慌時の驚異的な支出は含みません。

トライロンとペリスフェアー(Trylon and Perisphere)


世界博覧会の来訪者は、博覧会のテーマ「明日の世界」を見ました。初期のテレビ、自動運転車、ロボット、 未来的なアイコンやシンボルが並ぶブラブラ歩きの会場や展示館、トライロンとペリスフェアー、 700フィートの尖塔と球体、市街地一杯に広がり、観客はエスカレータで移動し、将来の都市のモデルを見ました。

だから、もしチャーチルと彼の仲間がその場所を吹き飛ばし、ドイツを非難できれば、親切なアメリカ人は、 ドイツとの血まみれの戦争に参加すること以外に選択肢はありません。ここに障害があります:

7月4日の休暇の直前の日に、英国展示館の電話交換手に脅威が伝えられました。 彼女に警告しています。「建物から出てください。私たちは爆破します」。 したがって、警備は独立記念日に特に厳重でした。 しかし、ウォーレン氏によると、展示館の警備は「普通ではありません」でした。 すべての警備員は英国の職員。英国の現役または過去勤務していた軍関係者でした。市警察は外にいました。


爆破の直後、大衆は変わりました。「ロンドンの敵…アメリカ人は今、 無視しようとしていた戦争に注意を払わなければなりませんでした」。 ウォーレンは、Daily Beastニュースによれば、秘密作戦に見えるものに納得していませんでした。

彼の「内部犯行」への疑惑は、警察の調査ファイルで読んだ報告書により高まりました。 彼は言いました。「警察が許可を得ずに警備員と話してはならないという指示があり、 自由に許可されませんでした。もし私が犯罪を解決したければ、どんな形でも調査の邪魔をしません。」

彼は言います。「堅苦しいイギリスの態度だったかもしれませんが、展示館当局は干渉していました」。 調査ファイルによれば、警察が警備員に聞き取り調査をする取り組みに対してです。 米国政府でさえ、手がかりを調べていないようでした。 捜査に関するFBIの手紙の見出し資料のコピーを見ている間、彼がFBIへ依頼した爆破調査に関する資料は空で戻りました。 FBIは彼に何もないと言いました。

これら全てについて興味深いことは、事件の70年以上後に、Daily Beastニュースが、 現在、記録を正そうとしていることです。なぜ彼らは9/11についても何も書かないのでしようか? 物事を正すには70年もかかるでしょうか? そして、なぜ彼らは読者にチャーチルの本当の黒幕に言わないのでしようか?