記事一覧
海外ニュース, 記事翻訳, 動画字幕化
防衛・軍事

散開せよ、Su-35スーパー・フランカーだ! 2013.06.26

最終更新日:2018.03.22


リンク:記事一覧


[元記事]
Scatter, it’s the Super Flanker
Rakesh Krishnan Simha Jun 26, 2013
URL:https://www.rbth.com/blogs/2013/06/26/scatter_its_the_super_flanker_26501

[著者]
Rakesh Krishnan Simha
Rakeshはニュージーランドの有力メディアハウスのジャーナリストです。 彼の記事は、大学や外交、対テロ、戦争、南の発展途上国の開発に関する書籍で幅広く引用されています



Su-35は西側空軍にとって”最新の恐怖”であることが証明されています。 スーパー・フランカーは、優れた操縦性のためUFOと呼ばれ、アメリカの最新戦闘機であるF-35に回避行動をとらせています。

F-35は、世界で最もステルス性が高く、洗練された戦闘機であると言われています。 しかしSu-35スーパー・フランカーに対しては座ったアヒルでしようか?。 確かに正しいと信じている人もいます。

2008年7月の模擬ドッグ・ファイト、それはF-22ステルス迎撃機、F / A-18スーパー・ホーネット、 F-35統合打撃戦闘機の混成部隊に対する、ロシアのSu-35の攻撃に関するものですが、 F-35は棍棒で殴られたアザラシの赤ん坊のようなものでした。

ハワイの米空軍のヒッカム基地で行われた戦争ゲーム(シミュレーション)は、 少なくとも4人のオーストラリア空軍要員と、オーストラリアの軍事諜報機関、 防衛情報機関(Defense Intelligence Organization)のメンバーが目撃しています。

オーストラリア議会のデニス・ジェンセン議員は、極秘の最終テスト結果の知識を有する 第三者が次の事を彼に語ったと言っています。F-35が高度の極秘シミュレーションで全面的に打ちのめされた、と。

パリのUFO
スホイはSu-35を第5世代(ステルス)の特性を持つ4世代の航空機と表現しています。 ステルス機を撃墜する能力は、その卓越した操縦性に大きく依存しています。 これは、スホイが今、空戦のルールを変えているので、これはくしゃみ程度では済みません。 西側空軍は粘土のハトになった高価な航空機で行き詰まっています。 スホイ Su-35S戦闘機はパリ・航空ショー(ビデオ参照)で息を呑むスタントを演じています。 そのエンジンは、Su-35にあらゆる種類のスタントを行うことを可能にします。 それはプガチョフ・コブラ(PugachevのCobra)、フロロフ・チャクラ(Frolov Chakra)、 枯葉(Dead Leaf)、スピードを落とさずに水平360度の回転をする前例のないPancake(パンケーキ)を含むスタントです。

ステルスと敏捷性
西側側のアナリストは、通常、びっくり仰天の動き無視し、実際の戦闘については、 ステルスはいつでも勝利できると言います。 予想通り、F-35を製造しているロッキード・マーチンは同じことを繰り返します。

ノースロップ・グラマンの防衛事業システム開発リーダーであるピート・バルトス (米国空軍のJSF要件チームの最初のメンバー)は、ステルスがF-35設計の基本であり、 操縦性は必要ないと述べています。 会敵時に旋回戦に入るのではなく、 F-35は全速で駆け抜け、肩越しに防御発砲をします。 ノースロップ・グラマンのビデオによれば「操縦性は時代遅れ」です。

優位性
その点が完全に欠けています。 防衛産業デイリーによると、「ステルスは非常に便利だが、 ハリー・ポッターの見えない外套ではありません。これらの極端な主張は支持できません。 聴衆の知性を侮辱しないためには、資格と抑制は必要です。

確かに、米国とますます説得力のない短気な同盟はステルスに嵌っている間に、 空中戦争の理論は絶えず進化し続けています。 「1940年代から1950年代にかけて、第一優先は高さ、スピード、操縦性、そして火力でした」 とスホイの主任試験パイロットのセルゲイ・ボクダンはアビエーション・ウィークに語った。 「そして、第3世代と第4世代では、それはスピード、高さ、そして操縦性でした。 スーパー操縦性がこれに加わります。それは兵士のポケットのナイフです。

物理法則に反論しないでください
有名な武器専門家のビル・スウィートマン氏は、Su-35のパリのデモンストレーションでは、 「航空ショー向けの操縦性」は空戦能力と同じではないという疑念のコーラスが続いたと言っています。

しかし、飛行デモンストレーションは、曲技飛行ではないと彼は説明します。 「予測不能な飛行経路により、ミサイルシステムの誘導アルゴリズムを負かそうとしており、 素早い方向転換は短距離射撃を可能にし、撃墜確率を高めることができます。

ドッグファイト公爵
F-35の生存率が完全にステルスに頼る場合、ナイフでの戦いで脆弱になります。 Su-35は多用途向け戦闘機で、致命的武器、長い航続距離、 そしてもちろん伝説的なスーパー操縦性を詰め込んでいます。それはフランカー・シリーズの特徴です。

実際、Su-35の重力を無視したスタントでパリの群衆をアッと言わせた直後、 主任試験パイロットのボクダンは、最初のフランカーがコブラ機動を行った1989年の主張を繰り返しました。 「速度の急激な変化は、ドップラー火器管制レーダーのロックを解除する原因となる可能性があります。 パイロットが飛行機をどの方向にも飛ばすことができるので、 Su-35Sの操縦性はより有効です」とアビエーション・ウィークに語りました。

スウィートマン氏によると、この種の操縦性の戦術的な利点は、 空対空ミサイルに予測機能があるという事実から主に生じます。それは目標が進むであろう方向を目指します。 つまり、ミサイルは飛行機の飛行経路を予測する必要があります。

これがSu-35が優れている点です。「飛行機が予測不能で、飛行経路を突然に、 劇的に変えることができれば、ミサイルが予測するのは難しい」とスウィートマン氏は言います。 それが効果的にミサイルの有効範囲を減らすことです。

前進、撃て、勝利せよ
スウィートマン氏は、Su-35がステルス航空機と対戦するように設計されていると言います。 ステルス戦闘のアメリカの理論は、「最初に見つけ、最初に撃ち、最初に殺す」です。 スーパー・フランカーで、ロシア人はその大げさな理論をひっくり返しました。F-35はまだ最初の優位を持っているかもしれません。つまり最初にSu-35を発見、するかもしれませんが、その不吉な射撃のためには近づく必要があります。 それはスーパー・フランカーとF-35が相まみえる時です。「ステルスの利点は大幅に減らされています」とスウィートマン氏は言います。

その時点で、スローモーションか超音速のバーストで飛行する超自然能力を備えたスーパー・フランカーかハンターになります。 最高速度マッハ2.5、高度3600km、12発のヴィーンペル・ミサイルは、航続距離2,222km、 最高速度マッハ1.6のF-35のパイロットは死の願望のように思え、手に負えないでしよう。

実際、F-35がほとんどの空軍の要求に全く無関係に見える贅沢な技術を有している場合、 スーパー・フランカーは第5世代戦闘機と同等の性能を発揮します。

西側空軍の視点からさらに恐ろしいのは、F-35を一見する前に、 将来のステルス戦闘機が今日すでに脆弱なことです。 そして、2020年ごろ、スホイのSu-57ステルス戦闘機が就役します。

多くの西側戦闘機パイロットが新しい仕事を見つけるのに十分な時間があります。


[関連記事] 戻る=>page top

なぜ米軍のF-35はロシアのSu-35フランカーに対して座ったアヒルなのか 2014.10.12

[関連動画]
空戦 2017.08 ロシアのSu-35は米軍パイロットのやる気を失わせる[日本語字幕] 💛英語での視聴>27万回