記事一覧
海外ニュース, 記事翻訳, 動画字幕化
オピニオン, 国際紛争

プーチンとイスラエル - 複雑で多層的な関係 The Saker 2015.12.23

最終更新日:2018.05.26


リンク:記事一覧


[元記事]
Putin and Israel – a complex and multi-layered relationship
The saker December 23, 2015
URL:http://thesaker.is/putin-and-israel-a-complex-and-multi-layered-relationship/

[著者]
The Saker
元軍事アナリスト。ヨーロッパでロシア難民の家族に生まれた。現在はフロリダに住み、 SSakerブログを書いており、Unz Review、Russia Insiderに定期的に寄稿している。。 (The Sakerの詳しい紹介記事はない)。




イスラエルによる最近のサミール・クンター(Samir Kuntar)殺人事件は、再度、 プーチンとイスラエルとの関係についての議論を呼び起こしている。 これは非常に複雑な話題であり、シンプルで缶詰の「説明」が好きな人は、今読むのを止めるはずです。 真実は、ロシアとイスラエルとの関係、そしてそれ以前でさえ、 ユダヤ人とロシア人の間の関係は一冊の本に値するであろうということです。 実際、アレクサンドル・ソルジェニーツィン(Alexander Solzhenitsyn)はまさにそのような本を書いており、 タイトルは「共に200年」で、アングロメディアのシオニストの鉄の支配のために、 まだ英語に翻訳されていない。 ノーベル文学賞を受賞した世界的に高く評価されている著者は、本を英語に翻訳することができていない。 なぜならその内容がロシアとユダヤ人の関係についての公式な物語を台無しにするからです。 特に20世紀の政治においてユダヤ人が果たした役割についてです。 以前の大英帝国がシオニストの利益に従属したという現実を証明するのに、何か他の証拠が必要ですか?

私はすでにこのトピックについて過去に書いています。少なくとも、この記事を読み続ける前に、 次の2つの背景記事を読んでください:

アングロシオニスト:新規読者向けの短い入門書
中世の民族性の概念がNATOをもう一度大失敗させる

ロシアとイスラエルの関係の特異性を調べる前に、非常に重要なことを強調したいと思います: ロシアのユダヤ人と非ユダヤ人の関係は、西側のものと似ていると単純に考えてはいけない。 そうではありません。西側のユダヤ人の解放とラビが運営する小さな村から西側の大企業の 役員会までの長い道のりを詳細に議論することなしに、 私はロシアのでのユダヤ人解放の経緯はがはるかに多く暴力的で破局的な方法だったと言います。 西側のユダヤ人とロシアのユダヤ人の第2の大きな違いは、およそ1917年から1939年の間に、 ユダヤ人の特定の部分(ボルシェヴィキ・ユダヤ人)がロシアをほぼ完全に支配下していたことです。 その間、ボルシェビキ・ユダヤ人は、ロシア人、特に正教会のキリスト教徒を本当の大量虐殺の憎悪で迫害した。 これは、ほとんどの西側諸国では未だに正当ではない思想と考えられているにもかかわらず、 ほとんどのロシア人が十分に知っている歴史的事実です。 ボルシェビキ・ユダヤ人が正教会のキリスト教徒だけでなく、すべての宗教団体(ユダヤ人を含む) を迫害したことをここで強調することも重要です。 プーチンはこれらの事実を十分に認識しており、モスクワのユダヤ人グループに話す時に、この事実について演説した。

[YouTube動画] Vladimir Putin on jews in Soviet Union government

上記2番目の記事で私はこれらの問題について議論した。 私が知っていたい全ては、プーチンがこの過去を十分に認識しており、ロシアのユダヤ人にその事を思い出させる 勇気と知的正直さを持っていることを皆さんに示すことです。

ロシアとイスラエルの関係についてのもう一つの重要な事実は、ロシアのユダヤ人がイスラエルに移住したことです。 ここで私はなぜこれが重要であるかを示す箇条書きのリストをあなたに提示しまます:

1. 彼らが最後にイスラエル、オーストリア、ドイツ、米国、イスラエルのいずれに行き着くかに拘わらず、 ロシアのユダヤ人のイスラエルへの移住は、ロシアに留まることを望まないユダヤ人が去ることを可能にした。 逆に、去らなかった人は選択してとどまった。これは、全てではないにしても、 大多数の過激なロシア嫌いとキリスト教を憎むユダヤ人がロシアを離れたことを意味する。 ロシアに留まった人たちは、そこが彼らの故郷であると決めてそうしました。

2.ロシアを去ったいわゆる「ユダヤ人」の多くの人が(ある推定値では20%に達する)、 イスラエルに定住した人々の一部を含め、全然ユダヤ人ではなかった。 真実は、ブレジネフの集団指導体制とエリツィンのロシアの下でソ連社会で直面した経済的、社会的苦難が、 多くの非ユダヤ系ロシア人が移住のために(在りもしない)ユダヤ生まれを名乗ったためである。 したがって、イスラエルには、ロシア系ユダヤ人とは対照的に、多くの本当のロシア人がいる。

3.この大規模な移民の結果、イスラエルとロシアに住む個人と家族の間に無数の個人的なつながりがある。 つまり、イラクやヒズボラがイスラエルにロケットの雨を降らせると、イスラエルの政治を認めていなくても、 イスラエルの友人たちを個人的に心配する人々がロシアにいるということです。

4.いわゆる「ロシア・マフィア」は、実際には、ほとんどロシアのユダヤ人のマフィアです。 これは特に西側で当てはまる。ロシアにはユダヤ系の暴力団員がいるが、 実際にはそのようなユダヤ系ギャングではない。ロシアとユダヤ系の暴力団員は有名になり、 「ロシアの」オリガルヒとイスラエルの間の強力な「ビジネス」関係も生みだしている。

5.エリツィンの元では、「7人の銀行家による統治」と呼ばれたものに、国は事実上支配された。 これらは、ロシア経済全体の約50%を所有していたロシアのトップ銀行家7人でした。 1人(ポターニン)を除くすべてはユダヤ人でした。

6.エリツィン時代、政府メンバーの大半、特に顧問はユダヤ人でした。 ユダヤ人はまた、ほとんどすべての主流メディアを支配していた。 この傾向が1990年代にどのように広まったのかを皆さんにお知らせするために、 インターネット上で見つけたエリツィンロシアのトップレベルのユダヤ人リストを以下に示す(機械翻訳)。

[訳者注]文章の部分だけを翻訳
オリガルヒは、1996年の次期大統領選挙でボリス・エリツィンの再選を保証するユダヤ人だった。
1991 – 1999
Boris Yeltsin (Eltsin – Jew married to a Jew)
Naina Yeltsin – a Jew.
Adviser to the President on economic issues – Livshits – Jew.
エリツィン支配(1991-1999)の全期間、彼の顧問の大部分はユダヤ人だった。
大統領府の長 Filatov, Chubais, Voloshin、大統領の娘Tatyana Dyachenko (ユダヤ法ハラハーによる) .- All the Jews.

政府:
全ての主要メンバー – Jews:
経済大臣 – Yasin – Jew
経済大臣(後継) – Urinson – Jew
財務大臣 – Panskov – Jew
財務大臣(後継) – Vavilov – Jew
中央銀行議長 – Paramonov – Jew
外務大臣 – Kozyrev – Jew
エネルギー大臣 – Shafranik – Jew
逓信大臣 – Bulhak – Jew
天然資源大臣 – Danilov– Jew
運輸大臣 – Efimov – Jew
厚生大臣 – Nechayev – Jew
科学大臣 – Saltykov – Jew
文化大臣 – Sidorov – Jew

マスメディア
Chairman of the Media – Rodents – Jew
新聞
“News” – Golembiovskiy – Jew
“Komsomolskaya Pravda” – Fronin – Jew
“Moskovsky Komsomolets” – Gusev (Drabkin) – Jew
“Arguments and Facts” – Starks – Jew
“Work” – Potapov – Jew
“Moscow News” – Karpinski – Jew
“Kommersant” – Yakovlev (Ginsburg) – Jew
“New Look” – Dodolev – Jew
“Nezavisimaya Gazeta” – Tretyakov – Jew
“Evening Moscow” – Lisin – Jew
“Literary Newspaper” – Udaltsov – Jew
“Publicity” – Izyumov – Jew
“Interlocutor” – Kozlov – Jew
“Rural Life” – Kharlamov – a Jew
“Top Secret” – Borovik – Jew

テレビ、ラジオ:
TV and Radio, “Ostankino” – A. Yakovlev – a Jew
Russian TV and Radio Company – Poptsov – Jew

1996-1999 GG – 「7人の銀行家」
ロシアの金融は全てユダヤ人の手に集中していた。
国は「7人の銀行家」によって支配されていた。
1.Aven – Jew
2. Berezovsky – a Jew,
3. Gusinsky – a Jew
4. Potanin (Potanin on different data)
5. Smolensk – Jew
6. Friedman – a Jew
7. Khodorkovsky – a Jew
8 Roman Abramovich
1917年から1939年のソビエト政府のユダヤ人リストはまったく同じように見える。 あなたはインターネット上でそれらを見つけることができます。

真実は、そのようなリストを編集する人々は、純粋に科学的な目的の動機によることはめったになく、 しばしば、厳密な証拠の規則を重視することはない。 したがって、上に列挙した「ユダヤ人」のある割合が実はユダヤ人ではない可能性がある。 しかし、誤差の幅が広い場合でも、全体像を得られる。 1917年から1939年の間、1991年から1999年の間、ロシアでの権力支配は、ユダヤ人の手にしっかり握られており、 どちらの場合も本当に致命的な結果をもたらした。 大きな違いは、20世紀初頭には権力を握ったユダヤ人がイデオロギー的にはアングロ帝国に反対していたが、 20世紀後半にはロシアのユダヤ人が実質的にはアングロ・シオニズム帝国の延長線上にいたことです。

アングロ・シオニズム帝国の拡張について。

私はすでにエリツィンの後を継ぐプーチン候補者が、ロシアの治安機関と、 プーチンにメドヴェージェフを押しつけたロシアの「大金持ち」との妥協案であることを何度も説明してきた。 私は通常、プーチンを支持する勢力を「ユーラシア主権主義者」と呼び、 メドベージェフを支持する勢力を「大西洋統合主義者」と呼ぶ。 前者の目的は、ロシアを完全に主権化し、多極的で統一されたユーラシア大陸の主要国とすることあり、 後者の目的はアングロ・シオニスト帝国に平等な仲間として受け入れられ、 ロシアを西側の権力構造に統合することです。次のことは、非常に重要なので次の段落で述べます。

大西洋統合派は、依然としてロシアの金融・銀行部門、主要な経済省庁、政府の役職を完全に支配している。 またロシア中央銀行を支配しており、プーチン統治とその支持勢力に対する最大の脅威です。 現在、ロシア人の約90%がプーチンを支持していることを考えると、 大西洋統合派はロシア人とロシア全体にとって唯一かつ最大の脅威であることを意味する。


それはどのようにイスラエルに繋がっているのか? 単純です!

プーチン大統領は、アングロ・シオニズム帝国によって作られたシステムを継承した。 彼は基本的に2つ反対グループの間の妥協の候補者である。そして、まずロシア(ユダヤ)のオリガルヒの大部分を除去し、 その後徐々にシオニストを権力の座から追い払う清掃プロセスを始める。 ミハイル・カズン(Mikhail Khazin)によると、これらの2つのグループのバランスは、 最近やっと、(不安定な)平衡の50/50に達したに過ぎない。 それはまた、「プーチン人」が毎日プーチンの背後を監視することを意味する。 いわゆる「同僚」が機会を得るとすぐに、目くばせをして喜んで刺し殺すことを知っているからです。

私はロシアのクーデターの噂が大きく誇張されていると思っています。 プーチンは、「権力の省庁」(国防、国家安全保障、内務など)の支持を享受しているだけでなく、 さらに重要なことにロシア国民の90%が支持している。 このようなカリスマ的人物を打倒することは、大多数の人々に本当に愛されているため、あまりにも危険です。 しかし、それは第5列がプーチンと彼の支持者の全ての努力を妨害したくないということを意味しない。

真実は、プーチンが何度も何度も妥協を余儀なくされたことである。ここではいくつか例を示します:

オリガルヒ:プーチンがロシアを「7人の銀行家による統治」から解放したとき、 彼はすべてのオリガルヒを現実には厳しく取り締まらなかった。 彼は、基本的に、ホドルコフスキーのように全議会を買収してプーチンに対してクーデター を起こそうとしたオリガルを取り除いただけです。 オリガルは「政治に口をだすな、そうすれば放っておく」と言われた。その取引は今日も続いている。

経済:彼の最も最近の演説でさえ、プーチンは中央銀行とメドヴェージェフ経済大臣を完全に 支持すると宣言しなければならなかった。 文字通り、全てのプーチン同盟が、公然と声を出してロシア経済の誤った運用方法について 血なまぐさい殺人と叫んでいることを考えると、これは明らかに強制された声明であり、彼が信じているものではない。 ところで私は、中央銀行と経済大臣に反対する中央ロシアテレビチャンネルに対する 組織的な中傷キャンペーンを見ていますが、これは偶然ではありません。 私は、プーチンがこれらの集団の追放を準備していると予測していますが、行動を起こす前に、 彼の全ての支持者を、特に大衆意見に火をつけることによって隊列に整列させる必要がある。 現在、ロシア経済はIMFの言いなりで、「ワシントン合意」のようなもので運営されている。 それは気違いじみた金利政策、米国債券の購入、低インフレ率など、など、など。 私は確信をもって、プーチンは「社会主義者」と呼ぶものではなく、「社会市場」の支持者であり、 ロシアを西側の金融システムから切り離し、帝国のルールに従わないよう懸命に努力している人だと言います。

外交政策:ロシアがかなり一貫した外交政策を始め、プーチンが最近再選までは、 ロシアの政策はジグザグの連続だった。これは、メドヴェージェフが大統領を担当していた時や、 国際連合安全保障理事会でロシアがイランとリビアを裏切った時(プーチンが公然と 「愚か」と呼んでいたこと)は特そうだった。

人格:国防総省のセルジュコフ超腐敗大臣を覚えていますか? 何だと思いますか? 彼はまだ公式には何も罪に問われていない。 彼が汚い取引をしたした女性でさえも、モスクワで彼女の豪華なアパートにまだ住んでいる。 これは私たちに何を伝えていますか? プーチンがセルジュコフの不正行為の確実な証拠を手に入れた時に、 彼をショイグで置き換えるのに十分な力を持っていたが、そのような有名な「大西洋統合主義者」 を刑務所に入れるには十分ではなかった。

ナチがウクライナを占領:プーチン大統領は、重要なヴォエントルグ(軍隊支援サービス)を提供し、 国境を越えてノヴォロシア人を助けるために特殊部隊と大砲さえ送れるように政府を十分な支配していたが、 経済省にロシア経済を使ってウクライナ経済を窒息させることはできなかった。 このためロシアはソアー・モジュラ(Saur Mogila)の国境を越えて砲弾を送り、 国境を越えて(基本的に無料の)エネルギーをキエフに送っていた。


ロシア嫌いプロパガンダ:最近、三流のスポーツジャーナリスト、アレクセイ・アンドロノフ(Alexei Andronov)が ツイッターに悪質な反ロシアのコメントを投稿したとき、彼はアレクセイ・プシコフ(Alexei Pushkov)に批判された。 プシコフは議会の外務委員会の委員長も務めるジャーナリストで、彼自身のテレビ番組「ポストスクリプトム」で批判した。 TV センターの番組を放送するTVチャンネル、は、アンドロノフを批判する部分を検閲した。 その後、有名なロシアの映画監督ニキータ・ミヒャルコフ(Nikita Mikhailkov)がこのイベントを議論する全ての番組を録画し、 「TV ロシア」で全エピソードを検閲した。 アンドロノフが働いているテレビチャンネルのディレクター、ティナ・カンデラキーは、 アンドロノフを全面的に支持した。
最終結果:プーチンは、ロシアのメディアの全体的な質を大幅にを向上させたが、 ロシア嫌いは依然として非常に影響力があり、その憎しみに満ちた悪意を全く罰を受けずに吐き出すことができる。 私は例を挙げ続けられますが、あなたは、次のように考えると思う: プーチンは非常に悪いシステムを担当している非常に良い人間である。

ではシリア、ヒズボラ、そしてサミール・クンターの殺害に戻りましょう。

第1に、軍事的にシリア戦争に介入する決定はすでに論争の的だったことを考えてください。 プーチンは、2つのことでこの事をやり通した:ロシア国民に、テロリストに対処するには 「ここ」(ロシア)ではなく「そこ」(シリア)のほうが良いと説明し、地上軍に送り込まないと約束した。 ダーイッシュとトルコ武装勢力がオバマとバイデンの約束を果たし、ロシアの旅客機を爆破し、 後に、SU-24爆撃機を撃墜した時、ロシアの民衆は引き続きプーチン大統領を支持したが、 私自身を含む多くのロシア人は、状況の危険性を正確に認識していた。 その日の終わりに、プーチンの個人的な「ストリート・クレジット」(民衆の承認)によって、 本物の恐怖にも拘わらず、最後までやり遂げた。

第2に、ネタニヤフがモスクワに赴いたときに、プーチンとネタニヤフが取引をしたことは明白である: ロシアがイスラエルとヒズボラの戦闘に干渉しない限り、イスラエルはロシアがシリアを支援する作戦に干渉しない 。 これにより、たとえそれが二次的な目的を犠牲にしていたとしても、両者がメインの関心事を追求することが可能になった。 あなたはその取引が気に入らず、その道徳性に疑問を持ちますか? 良いことだ! 私もそうです。 私は実際にひどく不愉快ですが、私はプーチンとビビ・ネタニヤフのような無慈悲なリアルポリティックの 実践者からはあまり期待していない(良い事に、あなたも私も権力の座にはいません!)。

ちなみに、もう一つの前例は、私が不愉快でな事です:エジプトのムスリム同胞団に対するエジプト軍の 血まみれの弾圧のためにロシアが全面支援。 エジプト軍を支援する議論は、シリア戦争では意味があったが、 そのような政権を支持する民族主義には激しく悩まされた。 これがプーチンが無慈悲だが政治家として成功した理由である。 私はお門違いのブロガーだ:無慈悲なオオカミと戦うためには無慈悲なクマが必要だ。

必要な時にでも、ヒズボラのように偽らないようにしようというのは皮肉以下と言われる。 イマード・ムグニヤ(ヒズボラの指揮官)が、アサド政権の高官を共犯者とした作戦によって ダマスカスでイスラエルに殺害されたとき、ヒズボラは「報復」を約束した。 しかしアサド政権には一言も言わなかった。 またアサドが悪名高い「演出」プログラムで米国のCIAのためにムスリム同胞団を拷問していた時、 ヒズボラには何の異議もなかった。

プーチンにとっては、ヒズボラを守るとかイスラエルと戦うよりも、他に優先順位が高いものがある。

ロシアで生き残り、依然としてロシアで非常に強力なシオニスト・パワー構造(ジェームス・ペトラスの表現を使用)に 打倒されないことが最優先である。 もうひとつの優先事項は、(内外の)敵に、「ロシアがイスラエルを攻撃している」という政治的議論を与えないことだろう。 イスラエルとの射撃合戦を行わず、小さく孤立したロシア派遣軍に2つの戦線で戦わせないことは決定的に重要であろう。 米国が「ダーイッシュ空軍」であるのと同様、とロシア派遣軍が事実上の「ヒズボラ空軍」 になったと非難されないことも同様である。これらはすべてプーチンにとって明白な優先事項である。

そして、これは、ロシアのS-400(対空ミサイル)がイスラエルのいかなる航空機も容易に撃墜することができる一方で、 ロシア空軍の派遣軍は、イスラエルと戦うための資材と手段を持っていない。 そしてNATOとCENTCOM(アメリカ中央軍)に対してはさらにそうである。 ロシアにとって、イスラエルとの戦争を選ぶことは絶対にできない。 それはこのシオニスト共同体の生来の力ではなく、米帝国が完全に奪取されシオニストの支配下にあるためである。 プーチンがイスラエルと対決する「勇気を持っていない」と不平を言う米国人は、 いかにしてイスラエルが米国とヨーロッパを何も言えないシオニストの保護領に変えてきたか、 そして自らをそのくびきから解放するために何するのかを、まず自らに問うべきである。

西側といえば、アングロ・シオニスト帝国の立場を一方とし、ウクライナ戦争に多くの影響力のある ロシア系ユダヤ人(ロシアとイスラエル国内の)の立場を比較すべきである。 西側諸国はキエフのナチス政権を全面的に支持してきたが、多くのロシア系ユダヤ人、 特にウラジミール・ソロビエフのような有名なユダヤ人は、反ナチスの立場である。 イスラエルではプーチンとロシアの人気は依然として非常に低いが、ロシアの反プーチンのほとんどはユダヤ人ではない。 最後に、ロシアの一般市民は、悲しいことに、パレスチナ人に対するシオニスト体制に よってもたらされた恐怖について極端に情報を与えられていない。 一方イスラエル人と二重国籍者(エフゲニ・スタノフスキ(Evgenii Satanovskii)や アビドール・エスキン(Avigdor Eskin))は「我々ロシアとイスラエルが唯一イスラム教徒の テロリズムに立ち向かっている」という考え方を絶え間なく広げており、 それによってロシアとダーイッシュ間の現在の戦争を最大限に活用している。 言い換えれば、プーチンは、イスラエル航空機の撃墜(S-400対空ミサイル)をロシアの一般市民に売るのに苦労している。


[関連記事] 戻る=>page top

[1] プーチンは本当にイランを「見捨てる」準備ができているか? サーカー 2018.06.07
[2] “Putin: Russia May Use Nukes Only as a Response Strike,” Sputnik, March 7, 2018.
[3] 同上
[3] 同上