記事一覧
海外ニュース, 記事翻訳, 動画字幕化
シリア紛争

シリア内戦の発端 – ダルアー 2011:シリアのイスラム教徒の偽りの反乱 2016.03.16

最終更新日:2018.03.22


リンク:記事一覧


[元記事]
Daraa 2011: Syria’s Islamist Insurrection in Disguise
Prof. Tim Anderson March 16, 2016, Global Research
URL:https://www.globalresearch.ca/daraa-2011-syrias-islamist-insurrection-in-disguise/5460547

[著者]
ティム・アンダーソン教授
オーストラリアの政治経済学者。シドニー大学で教えており、 自主開発と反帝国主義をテーマとする書籍の著者。




5年前 ダルアー、2011年3月中旬

「私は、デモで最初から武装した抗議者を見てきました。彼らは最初に警察に発砲しました。 頻繁に治安部隊の暴力は、武装勢力の残虐な暴力に対応するためです」 ― イエズス会司祭フランス・フォン・ディア・ルクト(Frans Van der Lugt)、2012年1月、ホムス・シリア

「政府に対する武装反政府勢力がつい最近始まったという主張は、完全な嘘である。 兵士、警察、一般市民の殺害は、しばしば最も残酷な状況になっており、事実上、当初から行われてきた」 ― ジェレミー・ソルト教授、2011年10月、トルコ・アンカラ

「2011年9月までは、シリアでの抗議行動は完全に平穏だった」 ― ヒューマン・ライツ・ウォッチ、2012年3月、ワシントン

二つの物語がシリア紛争で生まれました。それはシリア南部の国境沿いの街ダルアーで起きた2011年の武力衝突の開始からです。 一番目の物語は、ホムスの故フランス・フォン・ディア・ルクト神父のようなシリアの自立した証人に由来します。 彼らは、武装した男が警察と民間人の両方を狙撃するために、初期の政治改革デモに潜入したと言っています。 この暴力は宗派的なイスラム教徒に由来しています。 二番目の物語はイスラム教徒グループ(反政府勢力)とワシントンを拠点とする人権監視団 NOG(Human Rights Watch)を含む西側支援国に由来します。彼らは、シリアの治安部隊が政治集会を弾圧するために 「無差別に」暴力を振るった。「反政府勢力」は世俗的な政治改革運動から生まれたと主張します。

しかし、独立した証拠を慎重に研究すると、ワシントンが支持した「反政府勢力」の話は、 広く宣伝されていますが、「政権交代」を促す目的でシリア政府を非合法化する戦略の一環であることを示しています。 これを理解するには、2011年3月のダルアーにおける暴動の発生を研究する必要があります。 その暴動の中心課題は、サウジアラビアからアル・オマリ・モスクのイスラム教徒への武器の輸出でした。

2011年初頭、シリア人は西側のオブザーバーがほとんど覚えていない歴史の一コマに気付いていました: 1982年にハマの町で極めてよく似たイスラム主義者の暴動が起きました。 しかし、これはシリア・アラブ軍により数週間で粉砕されました。 この紛争を見直すことは、両方の暴動の周囲で育った神話の研究に有用です。

アメリカ国防情報局(DIA 1982)と英国人故人パトリック・シール(1988)は、 ハマで起きたことについて別々に説明をしています。1980年半ばまでに、 シリアのムスリム同胞団による数々の暴力的な宗派主義者の攻撃の後、 ハーフィズ・アル・アサド大統領は、サラフィー・イスラム国家建設を目的とした宗派主義者の反乱を挫折させました。 最後のクーデターが公開され、同胞団はハマの拠点で蜂起を起こすよう圧力をかけらました。 シールはこのような暴力の始まりを記述しています:

「1982年2月2〜3日の夜の午前2時に、旧市街を調べる陸軍部隊が待ち伏せにあった。 屋根の上の狙撃兵はおそらく多数の兵士の殺害した… [同胞団指導者]アブー・バクル[Umar Jawwad]は 全体蜂起を命令した…何百人ものイスラム教徒戦闘員が立ち上がった… 朝までに約70人のバース党指導者が虐殺された。勝利したゲリラは、街は解放されたと宣言した(Seale 1988:332)。
しかし、軍隊は約1万2000人の大部隊で応戦し、戦闘は3週間荒れ狂った。 それは外国勢力が支援した内戦であり、軍隊からの離脱もあった。シールは続ける:

「政府のおかげで潮がゆっくりと変わったとき、ゲリラは古い地区に退却した。 激しい爆撃の後、武装勢力や政党が戦車に支援されて動き出した。多くの民間人が長期間の掃討戦で虐殺され、 全地区が荒廃した」(Seale 1988:333)。
2ヵ月後、米国の諜報機関の報告によると、「ハマ事件の死傷者はおそらく約2000人に上った。 これには、ムスリム同胞団のエリートの秘密組織(DIA 1982:7)の300~400人のメンバーが含まれています。 シールは、軍隊も大きな被害を被ったと認識している。同時に、 「大量の人が狙撃兵の捜索で死亡した…政府支持者はわずか3,000人と推定し、批評家は2万人… 5,000人〜10,000人が真実に近い」と彼は付け加えた:

「ゲリラは手強い相手だった。 彼らは外国の資金に恵まれていた… (そして、少なくとも15,000の機関銃) (Seal 1988:335)。その後、ムスリム同胞団は、 ハーフィズ・アル・アサドが単純に「民間人虐殺」(e.g. Nassar 2014)を行ったと主張し、 犠牲者を市民40,000人まで膨らまし、悪質な暴動を隠蔽しようとしている。 その後、シリアの大統領は、ハマの暴動のための大規模な外国の陰謀を非難した。 シーア派のオブザーバーは、ハーフィズは偏執狂ではなく、大量の米国製武器が捕獲され、 外国の支援にはいくつかの米国の協力者が参加している:ヨルダンのフッサン王、 レバノンのキリスト教民兵(イスラエルと同盟する「シーダーの守護者」)、サダム・フセイン イラク(Seal 1988:336-337)。


ハマの暴動はダルアーの暴力行為を理解するのに役立ちます。なぜなら、 2011年に再び武装したイスラム教徒は屋上からの狙撃を警察や政府関係者に対して行っている。 単に市民の虐殺と叫びながら。彼らと協力者が攻撃を受けた際に。米国は、同盟国を通じて、 ハマの暴動において重要な役割を果たしたが、米国の情報機関全体は冷淡に観察した。 「シリア人はムスリム同胞団の政権を望まない現実主義者である」と(DIA 1982:vii)。

ダルアー事件で、そして2011年4月にハマと周辺地域に移った攻撃では、明確に述べられた目的は、 世俗的または「異教徒 – アラウィー派」体制を再び打倒することだった。最前線の米国の協力者は、 サウジアラビア、カタール、トルコでした。シリアのムスリム同胞団の指導者 ムハンマド・リヤド・アル・シャクファ(Muhammad Riyad Al-Shaqfa)は、3月28日に声明を発表した。 それはグループの目的が宗派主義であったことは疑う余地はありません。敵は「世俗的政権」であり、 同胞団のメンバーは「革命が純粋なイスラム教であり、革命成功後にどの他の宗派とも 信用を共有しないことを確実にしなければならない」(Al-Shaqfa 2011)。シェイク(Sheikho)は、 同胞団の最初の役割を控えめに言う一方、「暴動の間は、トルコ-カタールの支援で、 実際に重りで地面をたたき続けた」ことと、その一般的な組織能力を認めました(Sheikho 2013)。 2012年「自由シリア軍最高軍事評議会」が設立されるまでは、ムスリム同胞団が3分の2を占めていた(Draitser 2012)。 他の外国のサラフィ・イスラム教徒のグループは、この「シリア革命」にすぐに加わりました。 「穏健派の反政府勢力」と称するワシントンの公式声明とは対照的に、2012年8月、米国の諜報機関は、次のように述べています:

サラフィー主義者、ムスリム同胞団、AQI(イラクのアルカイダ、 後にISIS)はシリアの暴動を推進する主要勢力である…AQIはシリア反政府勢力を最初から支援している(DIA 2012)。


2011年2月には、エジプトとチュニジアでの出来事の影響を受けて、シリアで普通の扇動がありました。 反政府デモや親政府デモがあり、そして数年間にわたる腐敗やバース党の独占に反対する煽動をした真の政治改革運動がありました。2005年の報告書は「ゆっくりと組織化された改革運動の列」に言及している(Ghadry 2005)。そして実際にシリアの反対派の「色々な主張」、多くは非イスラム主義者で、同時期に扇動していた(Sayyid Rasas 2013)。別の議論では、これらの政治的反対派は注目を集めるに値します。しかし、その反対派の1つの分派だけが、ダルアーで勃発した暴動に関連した。巨大な反政府デモが始まり、巨大な親政府デモと出会いました。3月初旬、ダルアーの何人かの十代の若者が落書きで逮捕された。それは北アフリカの「人々は政権転覆を望んでいる」という落書きのコピーでした。それはバシャール・アル・アサド大統領が介入し地方警察に虐待されたと報道されました。そして地方知事が解任され、十代の若者は解放されました(Abouzeid 2011)。

2014年の親政府集会


しかしイスラム主義者の反乱が進行中で、路上デモでは本性を隠していました。 3月11日、ダルアーで暴動が発生する数日前、シリア軍が「武器や爆薬、暗視ゴーグルを 大量に積み込んだイラクから来たトラック」を捕獲した報告をした。 トラックはヨルダンの近くにある南タナフ交差点で停止させられた。 シリア政府の報道機関であるサナ(SANA)は、この武器はシリア国内の安全保障に影響を及ぼし、 不安や混乱を広めることを企てている、と述べました。 写真​​には数十の手榴弾とピストル、ライフル弾と弾​​薬ベルトが写っていた。 運転手は、武器がバグダッドで積み込まれ、シリアへの配達で5,000ドル支払われたと言った(Reuters 2011)。 この捕獲にもかかわらず、武器は約15万人の国境の町ダーラに届きました。 ここが「西側反政府勢力」と独立の二つ物語の分岐点になり、劇的に物語が発散したところです。 西側メディアの合意は、抗議者が政府のオフィスを焼き払い、「地方の治安部隊が国境地方の住民に発砲し、 数人を殺害した」(Abouzeid 2011)。 その後、「抗議者たち」はアル・オマリ・モスクの前でデモを行いましたが、今度は攻撃される順番でした。

オマリ・モスク


一方、シリア政府は、武装攻撃が治安部隊に対して開始され、警察と民間人を殺害し、政府のオフイスを焼き払ったと述べた。 この記事には外国からの裏付けがありました。見出しは、警察が「抗議者」を殺害したと非難しているが、 ブリティッシュ・デイリー・メール紙(2011年)は、警察がアル・オマリ・モスクを襲撃した後に回収した銃、 AK47ライフル、手榴弾の写真を示しました。報道によると、「武装集団」は救急車に発砲して「医者、救急隊員、警察官」を殺害した。 近隣諸国のメディアチャンネルは、3月17-18日にシリア警察への殺害について報道した。 3月21日、レバノンのニュース報道によると、シリアの治安部隊と抗議者の衝突で7人の警察官が死亡した(YaLibnan 2011)。 イスラエル国家報道によれば「シリアで7人の警察官と少なくとも4人のデモ参加者が殺された… そしてバース党本部と裁判所は放火された」(Queenan 2011)。これらの警察官は、屋上の狙撃兵の標的だった。

このような状況でも、政府は抑制を主張し、政治改革運動への対応を試みていました。 アサド大統領補佐官ボウナイナ・シャバン博士は記者会見で、大統領は「警官、治安部隊、国の職員が殺されたとしても、 武器を発砲してはならない」と命令していると語った。 アサドは、政党の登録、非常事態宣言の廃止、報道のさらなる自由化など、政治的要求に対応するよう提案した(al-Khalidi 2011)。 そのどれも、イスラム主義者の暴動への関心や抑止とは思えませんでした。

ビデオ報道を含むいくつかの報道では、すでに殺された人々の葬式の間に、 屋上の狙撃兵が群衆と警察で発砲しているのが映っている。次のように言われています。 「誰が誰に発砲したのかはっきりしていない」(Al Jazeera 2011a)、 「屋根の上の見知らぬ武装集団が抗議者や治安部隊を撃った」(MEMRITV 2011)。 しかし、カタール君主国が所有するアルジャジーラ(2011b)は、すぐに狙撃兵たちは親政府側だったと強く示唆した。 「バシャール・アル・アサド大統領は、何千ものシリア軍兵士と重兵器をダルアーに送り、 政権が誰にも見せたくない作戦を実行している」。 しかし、アルジャジーラの、秘密の親政府狙撃兵が「兵士と抗議者を区別なく」を殺していたという示唆は、 不合理で順番がおかしかった。武装勢力がダルアーに来たのは、厳密に警察(だけ)が撃たれ殺されたからである。

米国の重要な地域同盟国であるサウジアラビアは、過激派サラフィストのスンニ派を武装し 、資金援助しました。世俗政権に敵対するためです。サウジアラビアのアナワール・アル・エスキー将軍は、 その後、BBCテレビで、彼の国がダルアーとアル・オマリ・モスクに武器を送ったことを正式に認めた(真実のシリア2012)。 Salafi Sheikh Adnan Arourは、サウジアラビアの亡命先から、 シリア政府を支配していると言われる民主的アラウィー派イスラム教徒に対する聖戦を呼びかけた: 「アッラーにの思し召しにより、肉の粉砕機でアラウィー派を刻み、その肉を犬に食べさせる。」(MEMRITV 2011)。 サラフィストの目的は、神権国家またはカリフ制でした。 虐殺のスローガン「キリスト教徒はベイルートへ、アラウィー派は墓へ」は広く知られるようになった。 2011年5月に北米のメディアによって報道された事実である。 自由シリア軍(FSA)ファルーク(Farouq)旅団のイスラム教徒がこれらの脅威に対処するだろう(Crimi 2012)。 カナダのアナリストのミシェル・チョスドフスキー(Michel Chossudovsky)(2011)は次のように結論づけました:

Salafi Sheikh Adnan Arour  ワッハーブ学者


「ダルアーの戦車を含む武装勢力の展開は、3月17日から18日まで国境を越えて活動してきた 組織化された武装蜂起に敵対していた」。


ダルアーの最初の数日後、シリア治安部隊の殺害は続きました。 しかしシリアの外ではほとんど報道されなかった。それにもかかわらず、 独立アナリストのシャミーン・ナルワニ(Sharmine Narwani)は、この殺害の規模について2012年初めに、 そして再び2014年中頃に書いた。 3月下旬または4月上旬にダルアー近くで兵士に対する待ち伏せ攻撃と大虐殺が発生した。 軍の護送隊は、ダルアー・アル・ムハタとダルアー・アル・バラッドの間の谷路にある油膜で止められ、 トラックは機関銃で撃たれた。政府と反政府勢力の兵士の死亡数推計は、18~60の範囲であった。 ダルアーの住民は、この殺人事件は報道されなかったと述べた。 「当時、政府は弱点を示すことを望んでおらず、反政府勢力側は武装していることを見せたくなかった」。 反シリアのブロガー、ニザル・ナイオフ(Nizar Nayouf)は、この大虐殺は3月最後の週に起こったと記録しています。 もう一人の反政府作家、ラミー・アブドゥル・ラフマン(英国に拠点を置き、 「シリア人権監視団」と呼んでいる)は言っている:

「それは4月1日に始まり、約18か19の治安部隊員が殺された」(Narwani 2014)。 ダルアーの住人ファイサル・ミクダッド(Faisal Mikdad)外務副大臣は認めた: 「この事件は、政府により隠蔽された…反感を買わないよう、感情を刺激しないよう 、物事を落ち着かせる試みのために、つまり状況をエスカレートさせる感情に火をつけるいかなる企ても 助長しないためです」(Narwani 2014)。


Sharmine Narwani
中東地政学の解説者・分析家。
Columbia Universityで修士の学位を取得。様々な新聞、ウェブサイトに寄稿している。

しかし、武装反政府勢力の殺人を否定する意義は、西側のメディアでは、すべての死者が (a)兵士の犠牲者、(b)民間人、と報道されたことである。6ヶ月を過ぎると、 国際的なメディアが死体数に触れるとき、全てはシリア軍によって殺された「抗議者」であったと一般に受け入れられた。 例えば、3月24日のロイター通信の報道によると、ダルアーの中心的病院は、 「水曜日に殺された少なくとも37人の抗議者の死体」を受け取った。 多くの警察や医療従事者の殺害についての初期の報道にもかかわらず、 死者のすべてが「抗議者」になったことに注目してください。

他の19人の兵士が4月25日に銃撃で死亡した。ナルワニ(Narwani)はシリア国防省から名前と詳細を得て、 これらの詳細を非政府機関の別の文書から確認しました。2011年4月中に、 彼女はシリアのさまざまな地域で身元不明の狙撃手によって88人のシリア軍兵士が殺されたと計算している(Narwani 2014年)。彼女は殺害された兵士が市民に発砲することを拒否してシリア軍に殺害された「脱走兵」だったという主張に反論し続けました。ワシントンを拠点とする人権監視団は、無名の「活動家」50人のインタビューを参考に、この時期に殺害された兵士はすべて陸軍によって殺害された「脱走兵」であると主張した(HRW 2011b)。しかし、その時にインターネットに掲載されていた忠実な役人の葬儀は別でした。民間人殺害で陸軍を非難したいラミ・アブドゥル・ラフマンでさえも、「軍隊が脱走兵を殺していると言うこのゲーム – これは決して受け入れられない」と言った(Narwani 2014)。にもかかわらず、過熱した報道はシリアだけでなく外部でも混乱していた。

この暴動は、レバノン出身のイスラム武装勢力の支援を受けて北部に広がり、バニヤスやホムス周辺地域に達した。 4月10日、9人の兵士がバニヤスのバス待ち伏せで銃撃された。 ホムスでは、4月17日、アブド・コドル・アル・タラウィ将軍が2人の息子と甥と一緒に殺害され、 シリアの司令官イヤド・カメル・ハーフースが自宅の近くで銃撃された。 2日後、ムハンマド・アブドゥ・カドール大佐が車で殺された(Narwani 2014)。 北米の解説者ジョシュア・ランディス(2011a)は、バニヤスの兵士の一人である妻のいとこの死を報道した。

アルジャジーラ、ムスリム同胞団を支持する中東の主要メディアチャンネルは、 これらの攻撃、そして武装外国人の増援部隊も同様に放送しなかった。 元アルジャジーラのジャーナリスト、アリ・ハシェム(Ali Hashem)は、カタール所有の局(RT 2012)を辞職し、 シリアでの暴力行為に対する深い偏見を訴えた。ハシェムはレバノンから到着した武装勢力の映像を持っていたが、 これは彼のカタールの管理者によって検閲されました。 「辞表で私は幹部に言っていました…シリアでは何も起きていないようです」。 「リビア革命」はアルジャジーラの転換点だと思った。 それは信頼できるメディアグループとしての立場の終わりである(Hashem 2012) 。

工作員は活動していた。チュニジアの聖戦主義者「アブ・クセイ」は、後に、 「スンニ派のモスクを破壊し荒廃させる」の罪で告発された著名な「シリア反政府勢力」だったことを認めました。 なお、敬虔なイスラム教徒を冒涜するする「バシャール以外に神はいない」という落書きを描いたことを含みます。これは軍隊からスンニ派の脱走を狙って、シリア軍に責めを負わせた。「アブ・クセイ」は、彼がシリア人ではないことを知らない外国のジャーナリストのインタビューを受けた。

一般的にシリア政府に反対する報道をしていたジャーナリストのニール・ローゼン(Nir Rosen)も 、初期の暴動に対する西側の合意を批判しました。

「脱走兵の問題は精神錯乱である。武装レジスタンスは、脱走が開始されるずっと前に始まった… 毎日、反政府勢力は通常何の説明をつけずに死亡者数を発表した…殺害されたと報告された人の多くは、 実際に反政府勢力の戦闘員だが、しかし…治安部隊によって殺された無実の民間人として報道された… そして毎日、シリア軍、治安部隊のメンバーも反体制戦闘員によって殺されている(Rosen 2012)。


数字ゲームが、シリア政府(「体制」)とシリア軍(「アサド忠誠者」)非合法化をするために行われました。 それはすべての暴動に責任があると示唆しました。丁度、NATO軍がリビアを爆撃し、 リビア政府を転覆しようとした時と同様にです。アメリカの声はアサド大統領の辞任を要求し始めた。 ブルッキングス研究所(Shaikh 2011)は、大統領が「シリアで権力の座にとどまる正当性を失った」と主張した。 米国の上院議員、ジョン・マケイン、リンゼイ・グラハム、ジョー・リーバーマンは、 「民主的政府に対する平和的な要求において、シリア人と明確に協調する時」と述べた(FOX News 2011)。 大国はさらにもう一つの「政権交代」を要求し始めました。

6月にヒラリー・クリントン米国務長官は、「外国人扇動者」が活動しているという考えを棄却し、 「犠牲者の大半は非武装の民間人であった」と言った(Clinton 2011)。 実際にはクリントンがよく知っていたように、彼女のサウジアラビア同盟国は、当初から過激派を武装させた。 彼女の犠牲者に対する主張も間違っていた。国連(後にその死体数カウントを放棄する)は、 いくつかの情報源から、2012年初めまでに5,000人以上の死傷者があり、 紛争初年度の死亡者数は警察478人と軍隊および治安部隊の2,091人であると推定した(OHCHR 2012:2; Narwani 2014)。 すなわち、最初の年の死傷者の半数以上がシリア治安部隊の死傷者であった。 その計算は、西側メディアの報道に反映されなかった。 人権監視団などの「監視犬」NGOは、米国のコラムニスト(e.g. Allaf 2012)と共に、2012年に向けて主張し続けた。 それはシリア治安部隊が「非武装の抗議者」を大量に虐殺していたので、シリアの人々は武器を取る以外「選択肢がない」、 そしてこの「抗議運動」は2011年9月まで圧倒的に平和的だったという主張である(HRW 2011a、HRW 2012)。 事実には、政治改革運動は、3月と4月の間に、サラフィ・イスラム武装勢力によって通りから追い出されてしまった。

6月、記者のハーラ・ジャバー(Hala Jaber, 2011)は、アレッポとハマの間の シリア北西部の小さな町マアッラト・アン・ヌウマーン(Ma’arrat al-Numan)で、 約5,000人がデモに参加したのを目撃しました。彼女は、ダマスカスとアレッポの間の道路を封鎖しようとしている間に、 何人かの「抗議者」がその前の週に撃たれたと言っています。街の治安部隊を減らしたある交渉の後、 「登録番号のない車とピックアップに乗った濃いひげの男たち」は「ライフルとロケット推進擲弾発射機」を持ち、 人数の減った治安部隊を撃ち始めた。治安部隊を支援するために軍用ヘリコプターが送られた。 この衝突後、警官4人と襲撃者の12人が死亡したか死にかけている。 別の警官20人が負傷した。戦いを免れた役人は、最初のデモに参加した一部の長老たちに匿われていました。 次の金曜日に「​​民主化デモ」が行われた時、「わずか350人が参加した」、 ほとんどは若者で何人かは髭の過激派だった(Jaber 2011)。 サラフィストによる攻撃の後、5,000人の抗議者が350人に減った。

Hala Jaber
レバノン人の英国ジャーナリスト。
2003年のアムネスティ・インターナショナル・ジャーナリスト・オブ・ザ・イヤー賞、 2005年と2006年のブリティッシュ・プレス賞を受賞。

数ヶ月のメディア操作でイスラム教徒の暴動を隠した後、スンニ派の若者、Samer al Akhrasは、 アルジャジーラを見ることが習慣だったので、シリア政府を支援することを確信した。 彼は、アルジャジーラの報道の捏造をじかに見て、2011年6月下旬に次のように書いた:

「私はシリア市民で、私は人間です。あなたの偽自由の4ヶ月後…あなたは平和的なデモをし、 私たちの市民を撃った。今日から…私は予備軍の中尉です。 私がシリアの戦場で活動するテロ組織の誰かを捕まえたら…,,,私たちを撃っている間にあなたを撃つつもりです。 ここは私たちの土地であなたの土地ではありません、あなたはアメリカの偽自由の奴隷です(al Akhras 2011)。



[参考資料] 戻る=>page top

Abouzeid, Rania (2011) ‘Syria’s Revolt, how graffiti stirred an uprising’,Time, 22 March

Al Akhras, Samer (2011) ‘Syrian Citizen’, Facebook, 25 June

Al Jazeera (2011a) ‘Nine killed at Syria funeral processions’, 23 April,

Al Jazeera (2011b) ‘Deraa: A city under a dark siege’, 28 April.

Al-Shaqfa, Muhammad Riyad (2011) ‘Muslim Brotherhood Statement about the so-called ‘Syrian Revolution’’, General supervisor for the Syrian Muslim Brotherhood, statement of 28 March.

DIA (1982) ‘Syria: Muslim Brotherhood Pressure Intensifies’, Defence Intelligence Agency (USA), May.

DIA (2012) ‘Department of Defence Information Report, Not Finally Evaluated Intelligence, Country: Iraq’, Defence Intelligence Agency, August, 14-L-0552/DIA/297-293, Levant report.

Draitser, Eric (2012) ‘Unmasking the Muslim Brotherhood: Syria, Egypt and beyond’, Global Research, 12 December,

Jaber, Hala (2011) ‘Syria caught in crossfire of extremists’, Sunday Times, 26 June.

MEMRITV (2011) ‘Syrian Sunni Cleric Threatens: “We Shall Mince [The Alawites] in Meat Grinders”’, YouTube, 13 July,

Nassar, Jessy (2014) ‘Hama: A rebirth from the ashes?’ Middle East Monitor,11 July,

Narwani, Sharmine (2012) ‘Questioning the Syrian “Casualty List”, 28 Feb.

Narwani, Sharmine (2014) Syria: The hidden massacre, RT, 7 May,

Queenan, Gavriel (2011) ‘Syria: Seven Police Killed, Buildings torched in protests’, Israel National News, Arutz Sheva, March 21

Reuters (2011) ‘Syria says seizes weapons smuggled from Iraq’, 11 March.

Seale, Patrick (1988) Asad: the struggle for the Middle East, University of California Press, Berkeley CA

Sheikho, Youssef (2013) ‘The Syrian Opposition’s Muslim Brotherhood Problem’, Al Akhbar English, April 10.

YaLibnan (2011) ‘7 Syrian policemen killed in Sunday clashes’, 21 March.


[関連動画]
この動画にはダルアーの狙撃事件、証人へのインタビューの映像が含まれています。
シリア内戦 2016.12.27 本当のシリアの物語 [日本語字幕]💛英語での視聴>63万回
URL:https://youtu.be/5iK3U3-AYhE

[訳者注]
下の記事はウクライナ紛争の発端となった事件の記事です。暴動の起こし方などは本記事によく似ています。
ウクライナ紛争の発端 – 衝撃の新証拠:(キエフ)マイダンの狙撃手は、クーデターの指導者から警察と抗議側の両方を 撃つよう命じられたと告白 2018.02.20