記事一覧
海外ニュース, 記事翻訳, 動画字幕化
防衛・軍事

ロシアはアヴァンガード超音速滑空弾頭を生産開始 2018.03.04

最終更新日:2018.04.07


リンク:記事一覧


[元記事]
Russia's Avangard Hypersonic Glider Warhead Enters Production – Source
Sputnik 04.03.2018 y
URL:https://sputniknews.com/military/201803041062210266-avangard-hypersonic-glider-enters-production/




情報筋は、ロシアの西側相手国は、モスクワの戦略的能力で作り出された「新しい現実」 を認識するべきだと強調した。

軍事外交筋は、アヴァンガード(Avangard)が生産に入ったことをスプートニクに正式に公表し、 その戦略システムが、濃い大気を通って大陸間を最大マッハ20で飛行可能であり、 既存または将来の迎撃機または迎撃ミサイルによる防衛システムに対し不死身であることを思い起させた。

また、マッハ10を上回る速度で飛行する超機動空中発射ミサイルのキンジャール(Kinzhal)も、 ロシア軍によって配備されたことが確認された。

ウラジミール・プーチン大統領は、先週の議員への一般教書演説で、 アヴァンガードを含むロシアの将来の兵器システムに関する新たな詳細を提示した。 プーチン大統領の演説に続き、ロシアの戦略ミサイル軍司令官、セルゲイ・カラカエフ(Sergei Karakayev)は、 長距離の非弾道軌道と機動性特性を含むアヴァンガードに関する詳細情報を提供した。 グライダーに使用されている複合材料は、摂氏数千度までの高熱に耐え、 レーザー照射に対して保護できる。カラカエフは武器のテストがうまくいったことを確認できました。

[Youtube] Putin Unveils Newest Strategic Hypersonic Missile System Avangard


ロシアの軍事専門家、アレクセイ・レオンコフ氏は、アヴァンガードの創出は事実上米国のミサイル防衛を 「役に立たない」ものにしたと語った。安全保障分析家のムスタファ・アズリアン(Mostafa Azria)は、 アヴァンガードやキンジャールのようなシステムは、いかなる侵略者に対しても 「壊滅的な」反撃能力をロシアに与えると付け加えた。

先週の演説でプーチン大統領は、モスクワが誰かを攻撃する計画はないことを強調し、 ロシアの新しい高度兵器の防衛的性質を強調した。 プーチン大統領は、「ロシアの成長する軍事力は、世界の平和を確実に担保するものだ」と述べた。


















[関連記事] 戻る=>page top

ロシアの新兵器システムの意味 2018.03.18