記事一覧
海外ニュース, 記事翻訳, 動画日本度字幕化
シリア紛争

結論を急ぐ:イドリブの化学兵器攻撃は何かつじつまが合わない 2017.04.04

最終更新日:2018.03.19


リンク:記事一覧


[元記事]
Jumping to conclusions; something is not adding up in Idlib chemical weapons attack
Paul Antonopoulos - 04/04/2017, Veterans Today
URL:https://www.almasdarnews.com/article/jumping-conclusions-something-not-adding-idlib-chemical-weapons-attack/

[訳者注]
この記事は最も早く書かれたものの一つ。毒ガス攻撃の当日に書かれている。読者の評価も高い。

[著者]
Paul Antonopoulos
Al-Masdar News:アラビア語のオンライン・ニュース 中東紛争地域を活動領域にしている。2014年に創刊、シリア内部で取材しており、 主流メディアに対するつり合い重りと言われている。論調は親アサド




ベイルート、レバノン(4:47 P.M.) – 今朝(4月4日)、イドリブ地区で恐ろしいガス攻撃でがあり、 少なくとも58人が死亡した。しかし、調査前で証拠が現れないうちに、 欧州連合(EU)の外交安全保障政策担当高官であるフェデリカ・モゲリーニ(Federica Mogherini)は、 シリア政府を非難した。「アサド政権に責任がある。恐ろしいシリアの化学兵器攻撃」と。


Federica Mogherini
フェデリカ・モゲリーニ[注1]
イタリアの政治家。現欧州委員会副委員長兼欧州連合外務・安全保障政策上級代表。 イタリア民主党、欧州社会党所属。


EU高官からの即時の告発は、危険な先例となります。悲劇を取り巻く真相が明らかになる前に、 公然の抗議が行われます。イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ大統領は非難に参加した。 アムネスティ・インターナショナル(国際人権NGO)がしたように。

ハーン・シャイフーンで化学兵器攻撃があったという申し立ての数時間後に、シリア政府が予測した通り、 反政府側から矛盾が現れ始めており、アルカイダ関連のホワイトヘルメットの主張の信頼性を落としています。

その一つ。上記の写真に見られるように、ホワイトヘルメットは十分な安全用具を持たずに人の死体を扱っています。 特に、最も使われるマスクや手袋がありません。これは重要ではないように思えるかもしれませんが、 反政府勢力が使われたと言っているサリンガスの性質を理解すれば、疑問が生じます。

サリンに曝されれると数秒以内に、ガスの影響が筋肉や神経系に現れます。 腸および膀胱から内容物がほぼ即時に放出がされ、嘔吐が誘発されます。 サリンが密集地域で使用されると、何千人もの人が死亡する可能性があります。 しかし、このような危険なガスに対し、ホワイトヘルメットは、皮膚の露出を気にすることなく死体を扱っています。 これは疑問を引き起こします。

また、なぜサリンガスの犠牲者でいっぱいの病院の「医者」[注3]が、 ツイートやビデオコールをする時間があるのかという疑問もあります(下のツイート)。 しかし、これはおそらく無視され、忘れ去られるでしよう。





先週、マジャール(Majdal)とハッタブ(Khattab)の約250人がアルカイダのテロリストに誘拐されたことが知られています。 地元の情報筋によれば、化学兵器で死亡した人の多くは、マジャールとハッタブの人たちだという。

これは、今後の平和交渉の前夜に、テロリストが再び偽旗のシナリオを作り出したことを示唆しています。 これは、2013年に国連武器査察官がダマスカスに到着した日に、シリア軍が大量破壊兵器を使用したとして 非難されたグータの化学兵器攻撃と似ています。

後に、別の化学兵器使用疑惑で、国連の国連武器査察官カーラ・デル・ポンテ(スイス)は、 政府が残虐行為を犯したという証拠はないと述べた。しかし、これは、シリア政府に対する介入の呼びかけを止めなかった。 それは武装勢力が、カーン・アル・アサルの民間人に対する化学兵器の使用で望んだことです。

したがって、オリエントTVが、「メディアキャンペーン」をすでに準備していることは全く驚くべきことではありません。 ロシアとシリアのハマ近郊でテロリストに対する空爆を取材し、化学兵器を使っていると証拠不十分の申し立てをしている。 最も驚く報道は、シリア政府が化学兵器を使用している発表で、この証拠不十分の申し立ての数時間前に行われました。 彼のツイートの数時間前に申し立てはまだされていなと、誰かが彼に言うのを忘れたように思えます。


一方、ピックアップ・トラックは、殺された人の身体の周りで撮影されています。 また、サリンガスの周りに安全用具を持たない人がいて、数秒以内に身体を攻撃し始めることができるのに、 全く影響を受けないのはなぜでしようか? また、地元の情報筋によると、死体の多くが、 親政府の街ハマからアルカイダのテロリストに誘拐された人々で、 ピックアップ・トラックはその時と同じだと言っています。


また、問題になっているのは、ホースの出どころは、下の写真では、岩に掘られた洞窟からです。 これは、この場所が白ヘルメット基地であることを示唆しています。そこには山の側面に掘られた隠れ家があり、 ツイッター・ユーザーのイアン・グラントが強調したように、機器に簡単にアクセスできます。


この根拠のない申し立て応えて、北部ハマのシリア・アラブ軍は、今日、化学兵器の使用を否定しました。 これは攻撃に関与しなかったロシア国防省と一致しています。

軍隊は次のようにと述べました。「使ったことはなく、使用もしない、過去にも将来も、 なぜならそもそもそれ(化学兵器)を持っていないからだ」。

そして、もちろん、これは疑問をひきつけます。シリア軍とその同盟国がシリアで満足できる立場にあり、 国を横切って前進し、ハマの失地を回復しています。なぜ彼らが化学兵器を使用するする必要があるのか? 明確な答えはありません。非常に簡単な質問です。 ブリュッセルで開かれたシリア会議の前夜に、そして平和交渉が再開される1週間前に、 シリア政府が化学兵器を大量に使用するというのは、論理を越えています。あらゆる証拠が、 もう一つの偽旗化学攻撃の申し立てを示唆している。 それはハーン・アルアサールの2013年の攻撃で見られたように、 政府に対してなされたものでテロリストグループが、オバマ大統領の「レッドライン」を 越えることが米国のシリア介入につながることを期待しました。

しかし、最も最近の報告によれば、政府はハーン・シャイフーンの攻撃を否定していない。 アル・マスダール・ニュースのユシャ・ユセフは、シリア軍から、 空軍がカーン・シェイクウンのミサイル工場を標的にしたことを知らされました。 それはロシア製のSu-22戦闘機を使用して、実行された。最も重要なことは、Su-22の爆弾は特殊で、 化学物質を詰めることはできません。攻撃ヘリコプターから落とされた爆弾とは異なります。

ユシフは、シリア空軍がハーン・シャイフーン(Khan Sheikhoun)のミサイル工場内に どんな化学物質があるか知らなかった言われました。 空爆の対象となったミサイル工場に実際に化学物質があったのかどうか、 あるいはテロリストが親政府の街から民間人を誘拐し大型トラックで運び空爆の地点へ運び ガスを使ったのかどうかは不明です。彼らが武装勢力にガス攻撃されました。 空爆によって化学兵器工場が爆発したかに関わらず、毒ガスのために泡を吹いている子供たちの身の毛もよだつ死は、 テロリストの手によるものです。

攻撃地域は確かにテロリストの支配地域で、そこでホワイトヘルメットは、 アルカイダのようなテロリストと作戦室を共有していることは知られいます。 それはアレッポ東部の解放後に見られています。民間人とクルド軍を含む戦闘部隊は、 イドリブ、ハマ、アレッポの周辺で作戦する武装グループが過去に化学兵器を使ったと、皆が主張しています。

したがって、戦争の雄たけびは始まり、権力の地位にいる高官から(シリア)政府にたいする告発が始まる前に、 全ての証拠が現れるように時間を稼がなければならない。

しかし、これはシリア戦争ではこれまでなかった重要な要因であり、 テロ組織は、無実の民間人の命を犠牲にして、西側が介入がすることを望み続けています。


[訳者注]
[注1]フェデリカ・モゲリーニ

何の根拠もなく断言する政治家はたくさんいる。調査もなされていないのにコメントを出す。そもそもオバマがそうだった。 シリア紛争でも、ウクライナ紛争でも、「確実な証拠がある」、「疑いなく(No doubt)」というのだが、 証拠が示されたことはありません。

[注2]ホワイトヘルメット
この記事では、ホワイトヘルメットに対する疑いが示されている。次の記事はこの疑いが正当であったことを証明している。
ホワイトヘルメット詐欺 Philip Giraldi 2017.07.04

[注3]疑わしい医師 シャール・イスラム(Shajul Islam)
他の記事でも言われている。 このシャジュール・イスラムという医者、米国と英国のメディアによる情報源として使われている。 2012年10月、この医者は、イギリス人1人とオランダ人1人の写真家2人を誘拐した罪でイギリスで逮捕された。 彼は、ジャーナリストを人質にしていたシリアのサラフィ聖戦過激派グループに医療を提供していると非難された。 検察は、重要な証人であった被害者からの証拠を聞くことができなかったため、 この医者に対する告発は取り下げられた。

ジェームズ・フォーリー(James Foley)

誘拐されたジャーナリストの1人であるジョン・キャントリーは、まだ人質だったため、 裁判に出席することができなかった。 彼は2012年7月に一時的に解放されたが、 すぐにもう一度誘拐された – 今度はISISによって。 キャントリーは、ジェームズ・フォーリー(上の写真)と一緒に捕らえられていた。 フォーリーはアメリカのジャーナリストでロンドンのISIS外国人戦闘員であるMohamed Emwaziによって首をはねられた。
[関連記事] 戻る=>page top

シリア:国連派遣団の報告書は、反政府勢力が化学兵器を民間人や政府軍に対して使用したことを確認した 2013.12.31
事実と無関係:シリアの化学攻撃に対するOPCWの報告書は政治的命令 2017.07.14


[関連動画]
シリア内戦 2017.04 トマホーク攻撃59発, シリア空軍基地で毒ガスの有無を検証 [日本語字幕]💛英語での視聴>45万回

シリア内戦 2017.04 ロシアは米軍の攻勢を遅らすことができる, シリア攻撃トマホーク59発中34発を迎撃[日本語字幕]💛英語での視聴>10万回