記事一覧
海外ニュース, 記事翻訳, 動画字幕化
シリア紛争

Intel Drop:イスラエルのシリア空爆は完全な失敗 2018.02.10

最終更新日:2018.03.19


リンク:記事一覧


[元記事]
Intel Drop: Israeli Strike on Syria Utter Failure
By Gordon Duff, Senior Editor -February 10, 2018, Veterans Today
URL:https://www.veteranstoday.com/2018/02/10/intel-drop-israeli-strike-on-syria-utter-failure/

[著者]
Gordon Duff, Senior Editor
ゴードン・ダフは、ベトナム戦争当時の海兵隊の退役軍人です。彼は障害を負った退役軍人で、 数十年間、捕虜問題に取り組んできました。 ゴードンは、公認の外交官であり、一般に世界のトップ諜報専門家の一人として認められています。 彼は世界最大の私的情報機関を管理し、安全保障問題の苦難に見舞われる政府にコンサルティングを提供する。



イランのハッカーたちがNAVYコンピュータネットワークに侵入 ShirzadeganTV 2014/02/19 公開


我々は、2014年からビデオから始めて、米国海軍に対するイランのハッキングの申し立ての概要を説明しています。 VT(Veterans Today)はそれ以来、そのハッキングをCIAの主要請負業者であるBooz Allen Hamiltonの下請け業者まで 追跡してきた。その業者は仮想プライベートネットワークを使ってイランのサーバーに侵入した。 全てはワシントンの米国退役軍人局の計算機システムに由来しています。

私が作り話をしてるだけならいいのですが。 このグループの最新の冒険について詳しくは次を読んでください。 Caught red handed: Plan to hit Pentagon with False Flag Iran hack busted URL:https://www.veteranstoday.com/2018/02/09/caught-red-handed-plan-to-hit-pentagon-with-false-flag-iran-hack-busted/

コロンビアの銀行システムをハッキングを捕まえ、VTのハッカー待ち伏せに会った。ここからイアン・グリーンハウです:

私たちは皆、シリアに対するイスラエルの空爆の公式な話を今は聞いています。 いつも迎合的な主流メディアのおかげです。シリア空軍基地から管制されているイランの無人機が イスラエルの領空を侵犯したので、イスラエル空軍がイランの管制センターを襲撃して破壊し、 ダマスカスとテヘランにイスラエルを挑発しないよう強硬なメッセージを送った。

しかし、ここ2時間で、シリアの地上の情報源からの情報は、出来事の様子がまるで異なっています。

彼らは、イスラエルの空爆は完全な失敗であり、シリアはごくわずかを失っただけで、ダマスカス近くのモルタル貯蔵所で大きな爆発があったのが唯一の損害であると報道しています。 イスラエルの空爆は、イスラエルの電子対抗手段(ECM: Electronic Counter Measures)が シリアのレーダーに対抗できなかったので、シリア領空深くまで侵入することができなかった。 ほとんどのイスラエル戦闘機はシリア防空の猛烈な対空射撃に会い、 シリア南部上空で損害を与えることなく重い武器を捨てました。

しかし、イスラエル空爆の大規模な失敗は、テルアビブに別の攻撃を行わざるを得なくしました。

簡単に言えば、イスラエルの攻撃部隊は足手まといになる爆弾を捨て、そこから逃げ出した。 少なくとも2機が被弾し、1機が結果的にイスラエルに墜落し、パイロットは助かったけれどひどい重傷を負いました。

無人機がイスラエル領空を侵犯したので、イランの管制システムを破壊したというイスラエルの主張とは対照的に、 T4空軍基地のイランの管制システムには命中していません。命中した車は空で捨てられたトレーラーでした。

無人機が一機(多分シャヘッド129)、シリアのティアスT4空軍で見える。

公式の話の筋は、イスラエルが1ダースの目標を攻撃し、イランとシリアの施設を破壊した、ですが全部嘘です。 ネタニヤフと妻の犯罪捜査で崩壊寸前のネタニヤフ政権を支える絶望的で哀れな試みです。 イスラエル指導者の逮捕と弾劾はかってないほど近づいています。

Shahed 129


T4基地は損傷を受けず、作戦可能だったが、シリア空軍は非常に緊迫した状況をエスカレート させないために作戦を中断しました。

シリアを罰を受けずに爆撃できるイスラエルの恥ずかしい失敗は、テルアビブだけでなく ワシントンでも非常に深刻な影響を及ぼすでしよう。イスラエルの戦闘機 F-15とF-16はアメリカ製で、 そのモデルは米空軍の背骨です。 つまり、彼らは米国が使うミサイルから自身を守る電子対抗手段(Electronic Counter Measures)と 同じものを使用している。要するに、イスラエル空軍は、米国空軍と同じものを持っています。

シリアはおそらく、ロシアとイランの同盟国の支援で、今や彼らは現在の米国の航空機と 電子システムを打ち負かす能力を有していりことを世界の空軍に示した。 これは、 2014年の黒海で米海軍ドナルド・クックを無力化したことに続いて我々が強く予測したことです。 [訳者注]ロシアの戦闘機スホイ24がECMで 米国のイージス艦ドナルド・クックのレーダーを完全に麻痺させた


これは本当にゲームを変える出来事です。もはやイスラエルと米国は、脅迫と空爆で彼らの意思を他国に押しつける 「砲艦外交」を続けることができなくなります。 それらの国が効果的に自国を防衛できるようになるからです。サウジアラビアが、S-400ミサイル複合設備を 含む最新のロシア防空システムを購入に非常に熱心なのは驚くべきことではありません。。

がき大将が弱く、無防備な国をいじめる。 そして、今や米国とイスラエルは、その国を見つけいじめるのがはるかに難しくなるだろう。


・・そしてここから上級編集者です:

ペンタゴンの情報筋がVTに語ったところよると、トランプ大統領はイスラエルの攻撃に 失敗したことをブリーフィングされた。 背景として、イスラエルは、サウジアラビア、 米国と緊密に協力してイエメンの民間人の爆撃し、電子対抗手段(Electronic Counter Measure)の 作戦と戦術を磨いてきました。
イスラエルは重大な結果を招かずにシリアを攻撃できると確信していました。 アメリカの軍事顧問は完全に同意し、イスラエルは進み、小さなヤルカ(ユダヤの小さな帽子)を背後で一杯にしました。

米国防総省は、トランプにロシアがやったと話しました。ロシアの指揮でS400とS300システムが使用された。 ある情報筋、未確認の情報筋によると、イスラエルとレバノンに対抗するために(ロシアは)システムを南側に移しました。

注意点は、S300とS400の両方は難問ですが、敗けるほどではありません。イスラエルは2010年以来トルコ上空で訓練し、 S300配備下の環境で作戦しています。 彼らの考えは、(S300)システムの最大射程距離近くに低高度で滞空し 長距離スタンドオフミサイルを使用することでした。

S300ミサイルは、低いレベルで燃料を消費し、射程距離の最後には機動力を失います。 しかし、その射程距離は、S400の場合、Wikipediaの性能よりも約100キロも上回り2倍近くです。
さらに、シリアの現有システムは次です:

・320 Lavochkin CP-75 Dvina/S-75M Volga (SA-2) launchers – アップグレード中
・148 Pechora +12 2M Isayev S-125 Neva/S-125M Pechora (SA-3) launchers – アップグレード中
・48 S-200 Angara (SA-5) launchers
・200 2K12 Kub (SA-6) launchers
・60 9K33 Osa (SA-8) launchers
・20 9K31 Strela-1 (SA-9) launchers
・35 9K35 Strela-10 (SA-13) launchers
・20+8 9K37 Buk М1-2+Buk М2 (SA-11) launchers
・6 9M311-1M Tunguska (SA-19) launchers
・Pantsir-S1 (SA-22) launchers
・S-300 (missile) (SA-10) launchers – 納品済みだが未配備。状況不明。

これらのシステムは、ロシアの地域防空システムと組み合わせて作戦指揮されている可能性があります。 これらは、配備された海軍の装備次第ですが、一般に海上にも広がっています。

リストアップしたシリアのシステムは、大幅なアップグレードで近代化されECM対抗環境で動作します。 それはトランプ攻撃で米国に屈辱を与えました。偽のハーン・シャイフーンでの空想上の毒ガス劇場の失敗のためです。

[訳者注]2017年4月4日にシリアのハーン・シャイフーンで起きた毒ガス攻撃事件。 100人近くが死亡し200人以上が負傷したと言われる。この事件の報復と称して、 トランプは夜明け前に巡航ミサイル(トマホーク)でシリアのシャイラット空軍基地を攻撃した。 米国はこの基地に毒ガスを貯蔵していると主張していた。 しかし攻撃後の当日、シリア軍兵士はガスマスクもつけず、後片付けをしていた。 しかも発射されたトマホーク59発のうち34発は行方不明。シリア防空軍に迎撃されたと言われている。

ペンタゴンはロシアを非難したいが、シリアはただイスラエルの尻を蹴とばしただけの可能性が高い。

これらの出来事はネタニヤフに戦術核兵器を使わせるかもしれません。 イスラエルがそれを準備していることを米国は知っているという情報を、 我々は持っています。現在のイスラエルの攻撃についての偽報道は、 ネタニヤフはシリアがイスラエルの航空機の残骸を再び見ることを望んでいないという証拠です。

ロシアのパイロットたちは、イスラエルを燃やすことを願っていると言われています。 ロシアのこの分野の航空機はF15とF16の性能を上回っている。 そしてイスラエルがISISと緊密に協力していることを何年も見てから、 イスラエルに対するロシアの憎しみはロシアの軍隊で高い状況です。



[関連記事] 戻る=>page top

イスラエルの空爆は完全な失敗だった 期待されたロシアへの報復 2018.02.11
トランプ屈辱:シリア巡航ミサイル59機のうち34機を撃墜、ロシアはすぐにシステムを改良 2017.04.09
事実と無関係:シリアの化学攻撃に対するOPCWの報告書は政治的命令 2017.07.14

[関連動画]
シリア内戦 2017.04 トマホーク攻撃59発, シリア空軍基地で毒ガスの有無を検証 [日本語字幕]💛英語での視聴>45万回

シリア内戦 2017.04 ロシアは米軍の攻勢を遅らすことができる, シリア攻撃トマホーク59発中34発を迎撃[日本語字幕]💛英語での視聴>10万回